晴れやかな着物

さまざまな種類がある着物

着物にはさまざまな種類があるので着ていく場所により使い分ける必要があります。フォーマルの席には黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、付け下げなどがあります。カジュアルに気軽に着用するには小紋や紬などがあります。黒留袖は結婚式のときに新郎、新婦の母親や仲人夫人、親族などが着用する着物です。既婚女性の第一礼装です。未婚女性の第一礼装は振袖です。訪問着や付け下げは既婚でも未婚でもどちらでも着ることができます。色無地は紋があるとフォーマル用としても着ることができます。お茶を習っている方は着用する機会が多くなります。昔は入学式や卒業式に色無地を着る方が多かったのですが現在では訪問着や付け下げを着用する方が多くなりました。紋がついてない色無地はカジュアルに着ることができ名古屋帯を合わせます。フォーマルの着物には袋帯を合わせます。訪問着も付け下げもフォーマルに着用しますが紋の数が多いとフォーマル度が高くなります。パーティーや結婚式などで着用することができます。小紋は総柄のもの、とび柄のものなどさまざまですが染めで柄付けがされています。名古屋帯や半幅帯をあわせてカジュアルな普段着として着用します。紬は普段着として着用する着物ですが伝統工芸品として高価なものもあります。

着物のお手入れ

着物は日本の伝統文化であり民族衣装です。お手入れ次第では子や孫まで代々受け継いでいく事ができます。着物を着る時には前日に準備をしておく事が大切です。ハンガーにかけて風通しのよい場所にさげておきます。しわや防虫剤の臭いなどもとる事ができます。小物類などの準備をしておくと当日慌てずに着る事ができます。着物は着た後のお手入れが大切です。着た後は1日位ハンガーにかけ湿気をとります。シミがついた時には応急処置をして専門業者でシミ抜きをしたほうがよいでしょう。自分でするとしみが広がり生地を傷める原因にもなります。応急処置はしみの種類により違いがあります。口紅やほほ紅、香水など応急処置ができないものもありますから専門業者に依頼した方が安全です。着物にパールトーン加工などのガード加工をしておくとしみなどのトラブルにも安心です。しみは大きく広がらないうちに処理したほうがよいでしょう。湿気がとれたらきれいに畳みたとう紙に入れてタンスに保管します。同じ種類の防虫剤を入れて保管します。1年に最低1度くらい虫干しをするとカビや湿気を抜くことができます。冬の晴天が続いた乾燥した日にするのが理想的です。たとう紙も新しいものに交換します。

check

知育玩具、乳幼児のおもちゃ、楽器の通販

知育玩具 通販

チタン印鑑・手彫り仕上げのかわいいおしゃれはんこをお届け!

チタン 印鑑

安心・安全の無添加フードをお届け致します。

無添加のキャットフードを選ぶ

レンタル袴(ニ尺袖・振 袖・中振袖)を格安料金でレンタル。送料無料で全国宅配承ります。ご返却時のクリーニングは不要です。

卒業式 袴

KANMURYOUがセレクトするライフスタイルショップ。

大阪 家具屋

人気のサプリメントを多数ご用意しています。

BCAA 激安

Last update:2016/6/10